×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『宮城野』



−江戸は麻布の色街−
ある一人の下級遊女の元を訪れた若い男
天下の浮世絵師、東洲斎写楽の弟子であり、女の想い人である
男はあることを胸に秘めていた
女はその秘密を知っていた
永遠の別れへと続く序章が始まろうとしていた

TOPへ戻る